2016年08月25日

続・理想現実ラジオ(82)「小松式憲法改正論」

        

“開かずの扉”だった憲法改正が現実味を帯びてきました。
改憲に並々ならぬ意欲を見せる安倍総理ですし、意外と早く発議まで辿りつく可能性も……。

先に申し上げておきますと、小松Pは改憲そのものには必ずしも反対ではありません。

しかしそのイニシアティブを握るのが安倍政権だと思うと、頭の中で警報が鳴り響くそうです。
将来的に、何か良からぬことが起きるのではないか、と。

その不安を少しでも払拭すべく、自民党の改憲草案をチェックしながら、懸案事項を整理することにしました。
問題点が見えれば、対策も立てやすくなりますからね。

「現行憲法はGHQから押しつけられたもの。早急に改憲すべし!」から「日本の憲法は今がベスト。一言一句変えるべきではない」まで、憲法改正をめぐっては様々な主張があります。

それらの議論も参考にしながら、理想現実なりの“扉”を探ります。

【今回のトーク内容】

 ◆バック・トゥー・1982「カード公衆電話」。
 ◆近況報告~おもてなし花火大会~。
 ◆仲の悪い家族は日本で暮らせない?
 ◆憲法第9条の矛盾。──等々

posted by 理想現実 at 15:28| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

小松愛の独り言305「瓦版ビギナーのつぶやき」

       

今回のテーマは──、“フードバンク”

フードバンクという活動が朝日新聞で取り上げられていました。
食べ物への愛情が深い小松Pは、このムーブメントをどう受け止めているのでしょうか?

posted by 理想現実 at 13:51| 小松愛の独り言 | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

映画談義シリーズ13『カッコーの巣の上で』

         

本日はミロス・フォアマン監督の『カッコーの巣の上で』です。

なお、当番組はネタバレあり!となっております。ご注意ください。

posted by 理想現実 at 02:41| 映画談議シリーズ | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

小松愛の独り言304「今日の怒り、今日の笑い」

       

今回のテーマは──、“両国デビューに向けての勉強会”

大相撲には無関心だった小松Pが、数ヶ月前からある力士を応援し始めました。
最近は両国国技館での生観戦をリアルに狙っているようで、そのための準備にも力が入ります。

posted by 理想現実 at 23:36| 小松愛の独り言 | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

続・理想現実ラジオ(81)「あきらめない年の重ね方」

        

超高齢化社会へ突入しつつある日本にとって、認知症とどう向き合うかは喫緊の課題です。

そんな中、認知症の前段階であるMCI(軽度認知障害)に注目が集まっています。
MCIを早期に発見し、適切な対応をすれば、認知症予備群から回復することも充分可能なんだそうです。

それならば国を挙げてMCI検査に力を入れ、一人でも多くのお年寄りに元気な生活を維持してもらいたい。認知症予防を促進し、少子高齢化の問題にしっかり対応していきたい。

この、しごくまっとうな意見に、大きな落とし穴が隠されていると小松Pは指摘します。それはつまり、“御本人の気持ち”という当たり前のキーワード。

93歳を迎えた御祖母様を尊敬してやまない小松愛が、超高齢化社会を迎え入れるための心構えを模索します。

【今回のトーク内容】

 ◆目指せ、リアルカープ女子「カープ、優勝決定?」。
 ◆近況報告~アキレス腱の痛み~。
 ◆MCIとは何か?
 ◆本人をその気にさせるのが一番難しい。──等々

posted by 理想現実 at 22:16| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

小松愛の独り言303「瓦版ビギナーのつぶやき」

       

今回のテーマは──、“都知事選の序盤情勢”

今月18日の朝刊で、毎日新聞が東京都知事選の情勢分析を報じました。
投票する際に重視すべきポイントは何なのか、小松Pが考えます。

posted by 理想現実 at 12:05| 小松愛の独り言 | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

小松愛の独り言302「今日の怒り、今日の笑い」



今回のテーマは──、“友達旅の面白さ”

近々、大学時代の友人と四国方面を旅する予定の小松P。
一人旅とは違い、どこで何を楽しむか、仲間の意向に刺激を受けているようです。

posted by 理想現実 at 23:20| 小松愛の独り言 | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

小松愛の独り言301「今日の怒り、今日の笑い」

       

今回のテーマは──、“指示書とはかくあるべき”

バイト先の作業マニュアルに、いまひとつ馴染めない小松P。
その原因を探ってみると、そこにはある法則が……。

posted by 理想現実 at 21:03| 小松愛の独り言 | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

続・理想現実ラジオ(80)「シベリアでの悲しい歴史」

        

2016年04月16日配信の『小松愛の独り言(294)』でも触れた話題ですが、小松Pの御祖父様はシベリア抑留の体験者です。

当時、満州からシベリアへ強制連行された日本兵は、『酷寒』『飢餓』『重労働』という三重苦の中で厳しい収容所生活を強いられ、その結果(正確な人数は不明ながらも)6万人近くの抑留者が命を落としたといわれています。

祖父の貴重な青春時代を奪ったシベリア抑留とは何なのか?
小松Pも自分なりに興味を持ち、厚生労働省のサイトで抑留死亡者名簿を閲覧したり、その他にも情報収集を試みているようですが、いかんせん歴史が苦手なため、独学では理解がなかなか深まらず……。

そこで今回、小松愛と猪本の二人で、このテーマを真正面から勉強することとなりました。

正直に書きます。
ナビゲート役を務めた私(猪本)も、日本の近現代史については恐ろしく門外漢。
頼りない番組になる予感ムンムンですが、とにかく自分たちの頭で考え、戦後の闇へ踏み込みます。

【今回のトーク内容】

 ◆バック・トゥー・1982「リニアカーの有人走行」。
 ◆近況報告~オセロのルール~。
 ◆シベリア抑留の時代的背景。
 ◆スターリンは労働力が欲しかったのか?──等々

posted by 理想現実 at 14:30| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

小松愛の独り言300「瓦版ビギナーのつぶやき」

       

今回のテーマは──、“もはや自浄作用はありえない?”

過去にリコール隠しを2回行った三菱自動車が、今度は燃費データを改ざん。
3回目の不正に対して、小松Pの視線は相当厳しいです。

posted by 理想現実 at 13:03| 小松愛の独り言 | 更新情報をチェックする