2016年06月30日

続・理想現実ラジオ(80)「シベリアでの悲しい歴史」

        

2016年04月16日配信の『小松愛の独り言(294)』でも触れた話題ですが、小松Pの御祖父様はシベリア抑留の体験者です。

当時、満州からシベリアへ強制連行された日本兵は、『酷寒』『飢餓』『重労働』という三重苦の中で厳しい収容所生活を強いられ、その結果(正確な人数は不明ながらも)6万人近くの抑留者が命を落としたといわれています。

祖父の貴重な青春時代を奪ったシベリア抑留とは何なのか?
小松Pも自分なりに興味を持ち、厚生労働省のサイトで抑留死亡者名簿を閲覧したり、その他にも情報収集を試みているようですが、いかんせん歴史が苦手なため、独学では理解がなかなか深まらず……。

そこで今回、小松愛と猪本の二人で、このテーマを真正面から勉強することとなりました。

正直に書きます。
ナビゲート役を務めた私(猪本)も、日本の近現代史については恐ろしく門外漢。
頼りない番組になる予感ムンムンですが、とにかく自分たちの頭で考え、戦後の闇へ踏み込みます。

【今回のトーク内容】

 ◆バック・トゥー・1982「リニアカーの有人走行」。
 ◆近況報告~オセロのルール~。
 ◆シベリア抑留の時代的背景。
 ◆スターリンは労働力が欲しかったのか?──等々

posted by 理想現実 at 14:30| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

続・理想現実ラジオ(79)「日本政治の今を読み解く」

        

これまで何度となく公言してきた通り、小松Pは今の政府にかなり懐疑的。
とはいえ流れ的には、この先しばらく安倍政権が続く気配……。

このモヤモヤを一体どう消化していけばいいのか?

今年の夏には参院選があり、有権者一人一人に政治への意思表示をするチャンスが訪れます。
その準備という意味も含め、モヤモヤを抱えた小松愛がモヤモヤを抱えたまま、日本政治の今を整理します。

アベノミクスをどう評価する?
一億総活躍社会とは一体何なのか?
安保法制問題や沖縄基地問題はこの先どうなるのか?

米大統領選では、何かとお騒がせなトランプ氏が共和党指名候補に確定しました。
良い悪いは別にして、新しい風が吹き始めている印象。

日本の政界にも、新しい風が吹くのでしょうか?

【今回のトーク内容】

 ◆目指せ、リアルカープ女子「クリス・ジョンソン選手」。
 ◆近況報告~新たな歯科医院に挑戦~。
 ◆アベノミクスと消費税増税。
 ◆米軍基地問題で安倍総理に期待したいこと。──等々

posted by 理想現実 at 22:12| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

続・理想現実ラジオ(78)「小松式葬儀論」

        

私、猪本の体調不良により、配信が一週間遅れたことをお詫びします。申し訳ありませんでした。

今回は、葬儀について考えます。
生きている以上、我々はいつか必ず死を迎えます。
そして、残された人々がお葬式というセレモニーで、亡くなった方を見送るのが一般的です。

ただ、葬儀については随分と前からある問題が指摘されています。
それはズバリ──、費用。

「日本のお葬式は、お金がかかりすぎるのでは?」という指摘を、随分と前からあちらこちらで耳にします。
葬儀費用を捻出できずに、親族の御遺体をそのまま放置してしまったという事件も時たま起こりますし……。

葬儀という文化についてほとんど何も知らない小松愛でも、この点だけは気になっているようで、今回きっちりと勉強することにしました。
お金がなくたって、安からな最期は迎えられる?

【今回のトーク内容】

 ◆目指せ、リアルカープ女子「2000本安打、達成!」。
 ◆近況報告~ステーキレストラン~。
 ◆お葬式は必要か?
 ◆超リーズナブルな我流葬儀プラン。──等々

posted by 理想現実 at 00:15| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

続・理想現実ラジオ(77)「戸籍のない人々」

        

日本には戸籍制度があり、出生届の提出によって子供は親の戸籍に入ります。
しかし何らかの事情で出生届を出せず、今もなお無戸籍状態に陥っている人々が少なからずいる。

特に最近、メディアでもよく取り上げられているのが、民法772条の『離婚後300日問題』。

772条の内容は以下の通りです。

1、妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
2、婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

この法律があることで、なぜ無戸籍児童が生まれてしまうのか?
どうすればこの悲劇を払拭できるのか?

無戸籍問題についてはまだまだ勉強不足の理想現実なので、理解不足や事実誤認もあるかもしれません。
その点を先にお詫びしつつも、我々なりの視点で解決策を探ります。

【今回のトーク内容】

 ◆バック・トゥー・1982「CD誕生」。
 ◆近況報告~クイズ大会の賞品ゲット~。
 ◆なぜ無戸籍状態に陥るのか?
 ◆戸籍制度自体を廃止するという選択。──等々

posted by 理想現実 at 14:21| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

続・理想現実ラジオ(76)「遅ればせながらの新春クイズ大会」

        

私(=猪本)の体調不良などにより、当初の予定より1か月近くも配信が遅れてしまいました。
申し訳ありません。

さて、今回は久々のクイズ大会です。問題数は全部で10問。

理想現実のポッドキャスティング(=小松愛の独り言、続・理想現実ラジオ、映画談義シリーズ)で、小松愛自身が喋ったり学んだりしたことからの出題となります。

苦手とする『記憶力』を試されるスタイルゆえ、小松Pにとっては冷や汗の連続かも……。

正解数にあわせて、賞品も用意してあります。
果たして、全問正解パーフェクト賞なるか?

【今回のトーク内容】

 ◆配信予定に関するお詫び。
 ◆クイズのルール及び賞品の説明。
 ◆記憶力勝負の全10問に挑戦。
 ◆久々のクイズ大会を振り返って。──等々

posted by 理想現実 at 00:12| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

続・理想現実ラジオ(75)「マイナンバー制度の表と裏」

       

安保関連法案騒動の陰に隠れて、ふわ~っと始まったマイナンバー制度。

この制度について、よく挙げられる不安は『個人情報流出のリスク』だと思いますが、政府は各種公式パンフレットで「その心配はない」と断言しています。
それに対し、「絶対に個人情報は流出する!」と断言返しを試みる小松愛。

果たしてマイナンバーは本当に安全な制度なのでしょうか?
国民にとって、メリット満載の政策なのでしょうか?

チーム裏方の助けを借りながら、小松愛が思索を深めます。

さらに、今回からオープニングコーナーを一新。
『目指せ!リアルカープ女子』に代わり、『バック・トゥー・1982』が始まります。

是非是非、チェックしてみてください。

【今回のトーク内容】

 ◆バック・トゥー・1982「羽田沖墜落事故」。
 ◆近況報告~座付き作家、警察に捕まる?~。
 ◆結局、マイナンバーってどういう制度なの?
 ◆メリットばかりが強調される恐ろしさ。──等々

posted by 理想現実 at 00:05| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

続・理想現実ラジオ(74)「テレビ放送における良識と人権」

        

TBS系のバラエティ番組が、BPO(放送倫理・番組向上機構)より是正勧告を受けました。
BPOの公式サイトによれば、「本件放送には申立人の名誉を毀損する人権侵害があったと言わざるをえないと判断した」とのことです。

インターネットからの揺さぶりを受けているとはいえ、テレビはまだまだ影響力の強いメディアです。
バラエティであろうがニュースショーであろうが、テレビ番組上での人権侵害は後々まで傷跡を残すでしょう。

だからこそ細心の注意が必要な一方で、「コンプライアンスに委縮し、今のテレビは冒険をしなくなった。そのせいで、どんどんつまらなくなっている」という指摘があるのも事実。

実はBPOの存在を知らなかった小松Pが、改めて『テレビと人権』について考えます。

【今回のトーク内容】

 ◆目指せ、リアルカープ女子「来シーズンまで、しばしのお休み」。
 ◆近況報告~まさかの逆走目撃~。
 ◆自主規制に走るテレビ局。
 ◆マスコミの本質は権力の監視役。──等々

posted by 理想現実 at 23:59| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

続・理想現実ラジオ(73)「高速道路の快適活用術」

        

理想現実のネットコンテンツに精通している方なら、我々が定期的に信州方面をドライブしていることはご存知だと思います。
山梨県の市川三郷町や長野県の諏訪湖界隈など、そこそこの頻度で訪れています。

すなわち中央高速道路を利用する機会が多いです。

ドライブ族にとって高速道路は間違いなく便利な選択肢ですが、看過できないトラブルも少なくありません。
その中のひとつが、逆走問題。
特に高齢者による逆走が社会問題化しています。

運転が苦手で、「自分もいつ逆走するかわからない」と不安いっぱいの小松Pが、チーム裏方とこの問題を考えます。

【今回のトーク内容】

 ◆目指せ、リアルカープ女子「今年のカープを振り返る」。
 ◆近況報告~その刺身、食べられないの?~。
 ◆高速道路の逆走はなぜ起こる?
 ◆こんなサービスエリアがあったらいいな。──等々

posted by 理想現実 at 00:50| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

続・理想現実ラジオ(72)「県外移設はありえない夢なのか?」

        

先々週配信の『小松愛の独り言(277)』において、普天間飛行場辺野古移設問題を取り上げた小松P。

そんな中、今週初めに沖縄県の翁長知事が、前知事の行った辺野古埋め立て承認を取り消す意向を明らかにしました。
もちろん政府が黙って従うことはないでしょうから、この攻防は最終的に法廷闘争へ突入する気配です。

夏を求めて年に何度も訪れるほど“沖縄ファン”の小松愛にとって、辺野古問題は看過できないニュース。
「独り言だけでは喋り足りない」ということで、『続・理想現実ラジオ』でも引き続き追い掛けることとなりました。

埋め立て承認の取り消しを決めた翁長知事に、政府はどう反撃してくるのか?
それに対して、沖縄県はどう動くべきか?
そもそも何をどうすれば辺野古問題を解決できるのか?

しっかりと知恵を絞って、この難問に挑戦します。

なお、来週から理想現実のポッドキャスティングはお休みに入ります。
来月の中旬には再開する予定ですので、その際はまたよろしくお願い致します。

【今回のトーク内容】

 ◆目指せ、リアルカープ女子「前田健太選手」。
 ◆近況報告~配信休止のお知らせ~。
 ◆埋め立て承認の取消はあくまでスタート。
 ◆小松愛が沖縄県知事だったら?──等々

posted by 理想現実 at 05:39| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

続・理想現実ラジオ(71)「小松式文学論」

        

ピース又吉さんの芥川賞受賞などもあり、ここのところ本にまつわるテレビ番組をちょくちょく見掛けます。
読書好きの私(=猪本)としては、これをキッカケに出版業界が少しでも元気になってくれることを切に願っております。

一方、理想現実のリーダーである小松愛は、活字離れ王国のトップランナー。
自らの意思で書店へ出向くとか、話題の小説を読んでみるとか、そういうことは一切ないそうです。
友達から薦められた本があれば一応読み始めはするものの、読み終わるかどうかは神(睡魔?)のみぞ知る……。

そんな読書への想いに温度差のあり過ぎる我々が、今回は文学論に挑みます。
『純文学と大衆文学の違い』について好き勝手な持論を展開しながら、何かしらの結論を追い求め、最後は迷子に?

また、いつもは選手紹介がメインの『目指せ、リアルカープ女子』ですが、ペナントレースもいよいよ大詰めということで、今回はいつもとは違う内容になっています。
併せてお楽しみください。

【今回のトーク内容】

 ◆目指せ、リアルカープ女子「今年、カープは優勝できる?」。
 ◆近況報告~MRIに初チャレンジ~。
 ◆純文学の芥川賞と大衆文学の直木賞。
 ◆理想現実の公演作品を小説化するなら?──等々

posted by 理想現実 at 16:06| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする