2016年08月25日

続・理想現実ラジオ(82)「小松式憲法改正論」

        

“開かずの扉”だった憲法改正が現実味を帯びてきました。
改憲に並々ならぬ意欲を見せる安倍総理ですし、意外と早く発議まで辿りつく可能性も……。

先に申し上げておきますと、小松Pは改憲そのものには必ずしも反対ではありません。

しかしそのイニシアティブを握るのが安倍政権だと思うと、頭の中で警報が鳴り響くそうです。
将来的に、何か良からぬことが起きるのではないか、と。

その不安を少しでも払拭すべく、自民党の改憲草案をチェックしながら、懸案事項を整理することにしました。
問題点が見えれば、対策も立てやすくなりますからね。

「現行憲法はGHQから押しつけられたもの。早急に改憲すべし!」から「日本の憲法は今がベスト。一言一句変えるべきではない」まで、憲法改正をめぐっては様々な主張があります。

それらの議論も参考にしながら、理想現実なりの“扉”を探ります。

【今回のトーク内容】

 ◆バック・トゥー・1982「カード公衆電話」。
 ◆近況報告~おもてなし花火大会~。
 ◆仲の悪い家族は日本で暮らせない?
 ◆憲法第9条の矛盾。──等々

posted by 理想現実 at 15:28| 続・理想現実ラジオ | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

小松愛の独り言305「瓦版ビギナーのつぶやき」

       

今回のテーマは──、“フードバンク”

フードバンクという活動が朝日新聞で取り上げられていました。
食べ物への愛情が深い小松Pは、このムーブメントをどう受け止めているのでしょうか?

posted by 理想現実 at 13:51| 小松愛の独り言 | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

映画談義シリーズ13『カッコーの巣の上で』

         

本日はミロス・フォアマン監督の『カッコーの巣の上で』です。

なお、当番組はネタバレあり!となっております。ご注意ください。

posted by 理想現実 at 02:41| 映画談議シリーズ | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

小松愛の独り言304「今日の怒り、今日の笑い」

       

今回のテーマは──、“両国デビューに向けての勉強会”

大相撲には無関心だった小松Pが、数ヶ月前からある力士を応援し始めました。
最近は両国国技館での生観戦をリアルに狙っているようで、そのための準備にも力が入ります。

posted by 理想現実 at 23:36| 小松愛の独り言 | 更新情報をチェックする